読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思惟ノート

天然パーマとオッサンを応援する、天然パーマによるブログ

ここではないどこかを常に孕み、流れてはまたどこかに成るもの

 

ストレス社会と言われる現代で、私も両手に余るほどのストレス源を抱えております。

 

幸いなことにおいどんには心優しい恋人がいるので、一緒に支えあうことはできる。大きな大きな箱に二人のストレスを詰め込んで、両側から抱えあげれば、互いが別々に持つよりも多くのものを持ち上げられる。

 

しかし、同じ箱には入れられんものもあるわいな。そういう類のものが積み重なってしまうと、ここではないどこかへ逃げ出したくなりますね。だけんどすべてを投げ出す勇気も無いしなー。

 

そんな時わたくしは川へ行きます。川を眺めます。その昔京都に住んでいた頃は、よく鴨川を眺めたものじゃったでのう……。

鴨川は本当に良かった。当時受験を目前に控えた私の淀んだ心も、鴨川の流れを眺めていると、段々と磨かれていく心地であった。すぐ側を老夫婦が散歩していたり、大学生らしきお兄さんがトランペットを吹いていたり。夕時に黄金色に輝く川面は大層きれいじゃった……。思い出すだけで涙がでるわい。受験は二度としたくねーけどな!

 

 

このように私は川が好きなのだが、では川のどこを好きなのだろうか。

思い出されるのはあまりにも有名な方丈記の書き出し。

「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。」

 

そう、川の流動性に私は惹かれるのだ。絶えず流れる川の水は、微かな時間の中で幾千ものかたちを見せる。かたちを持っていない、と言った方が正確かもしれない。さらには音もいい。さらさらと、ざぁざぁと、せせらぐ音は絶えず変化を持って私の鼓膜をほぐしていく。こぽりこぽりと姿を変える川の流れを見つめていると、そしてその音に耳をさらしていると、心は定まらず、ひとつに定まらぬが故にかえって安定する。悩みに塞いでいた心が、心地よくかき回されるのだ。

 

また、「もとの水にあらず」と言うように、私が見つめる一点に訪れる水は、その全てが異なる存在だ。ここではないどこかから流れて来て、私の視界に飛び込み、そしてまた流れていく。

 

川とはつまり、私が求める「ここではないどこか」の膨大な痕跡であり、またそれ自体が「ここではないどこか」の気の遠くなるような集合体なのだ。

私は川を見つめる。そして「ここではないどこか」が次々と眼前に現れる。そうして私はいつしか、視界を占める無量大数の「ここではないどこか」を処理しきれなくなり、切なくなり、同時に高揚し、たまらなくなって立ち上がる。絶えず変わる川の水のように渾然とした心中は、もう私の手には負えなくなっているのだが、それ以上になぜだか晴れやかな気分になる。

 

 

おお、川のことを考えてるうちに胸が打ち震えてきたわい。

こんな夜はポエムを書こう。

それでは聞いてください。

 

 

川のポエム

作: カルキ水

 

Wow……

川は、どこから来て、どこへ行くのだろうか。

ある人は言った。

「きっと僕らのあずかり知らぬとこから来て、あずかり知らぬとこへ流れていくのさ」

またある人はこう言った。

「そんなことよりパーティー抜け出さない?(^_-)―☆バチコーン」

ゎたしゎ、胸の高鳴りを押さえつけ、そぃっにっぃて行った。

バルコニーから抜け出す二人。触れ合う手と手。

胸の高鳴りが圧死する頃には、彼とすっかり打ち解けていた。

 

夜の風を感じ、手をつなぎ歩き、気づけば橋の上にいた二人。

笑いながら欄干にもたれかかる。川を覗きこむ。

その拍子にゎたしゎ、青ぃ髪飾りを落とした。イッケネー。

とぷんと水音がした。

「あーあ」

悲しくもないけど、そんな声が出た。

 

そんな私を見て彼はイヒイヒと笑う。私もウフウフと笑う。

二人でひとしきり笑って、それから彼はこう言った。

「どこから来て、どこへ行くかなんて訊かれると、なんとなく後ろから来て前へ行くような、あるいは右から来て左へ行くような、平面的な動きが想像されるけど」

軽く息を吸い、彼は続ける。

「こんな風に、上から突然降って来るものもあるんだなァ」

 

「君の髪飾りは、果たしてどこへ流れて行くんだろうね?」

私はなるほど、と思ったけど、そうやって笑う彼の顔にドヤ顔めいたものを感じ、イラッとしたので取り敢えずビンタした。

左に向かう彼の顔。次いで体。あ、落ちた。イッケネー。

髪飾りよりずいぶん大きな水音をたてるのね。

 

「上から突然降って来たあなたは、母なる海にでも行けばいい」

そして私は夜の風に逆らい、おうちに帰ってスイーツを食べた。

まんぷくまんぷくぅ o(^-^)oミ☆

 

 

 

うーむ我ながら心に染みるよいポエムだなぁ。教訓も深い意味も何もないところが特にいい。

 

上から降ってくる流れといえば雨か滝だな。滝を見に行きたいんだよなー。ナイアガラみたいに圧倒的に壮大な滝ではなくて、日本的な幽玄を感じさせるやつね。

 

ということで 今週の一枚「おさんぽ写真」

f:id:kalkwater:20140130204428j:plain

 

 おさんぽというか以前山に登った時のやつです。

この時は素敵だと思ったんやが夜見ると怖いな。

それじゃあ今日はこのへんで。

 

 

ネイチャー・セラピー~せせらぎ [DVD]

ネイチャー・セラピー~せせらぎ [DVD]