読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思惟ノート

天然パーマとオッサンを応援する、天然パーマによるブログ

グッドゴリラと申します、なんて

雑記

 

おれ「社会人バンドを始めようとしてさ、メンバー募集サイトにアカウント作ったんだよ。で、悩むのがアカウント名、すなわちハンドルネームな。本名は避けましょう、なんて注意書きがあるし」

ぼく「ほほう」

おれ「最近なんでかゴリラが好きでさ、『グッドゴリラ』っていう名前が浮かんだからそれにしようと思ったんだよ」

ぼく「いいじゃない」

おれ「でも何となく気恥ずかしくて、もうちょい当たり障りのないハンドルネームにしたんだ」

ぼく「なんでよ。いいじゃないのグッドゴリラ。グッドゴリラでいいじゃない」

おれ「なんか勇気が出なくて……」

ぼく「グッドゴリラでいいじゃない」

おれ「でもさ、グッドゴリラにしなくて良かったと思ってるよ、今は」

ぼく「なんでよ」

おれ「社会人バンドサークルのメンバー募集記事を見つけてさ、入りたいなと思って勇気を出してメッセージを送ったんさ」

ぼく「ほほう」

おれ「メッセージの書き出しでさ、『募集記事を拝読し、ご連絡いたしました』なんて書いててさ、ふと思ったわけ」

ぼく「ほい」

おれ「『募集記事を拝見しました、グッドゴリラと申します』なんてメッセージが来てみろ。びっくりするだろう?」

ぼく「びっくりする!」

おれ「ちょっと引くだろ?」

ぼく「なんでや! 興奮するわい! グッドゴリラやぞ!」

おれ「そ、そう?」

ぼく「テンション上がるわ! なんでグッドゴリラにせんかったの!」

おれ「だって、おれ、ゴリラじゃないし……」

ぼく「!」

おれ「グッドゴリラと名乗るドラマーからメッセージが来たらさ、すごいパワフルな人を想像するだろ?」

ぼく「そしてテンションがうなぎのぼる」

おれ「そんで実際に会ってみろ。ゴリラが来ると思ったらしょぼくれた小男が来た。相手はどう思うよ」

ぼく「海より深く落胆するね……」

おれ「おれなんかせいぜい、しょぼくれチンパンジーだもんな」

ぼく「グッドゴリラを名乗ってはいけないね……」

おれ「グッドゴリラになりたいな……」

ぼく「どうしたらなれるかな……」

おれ「まずは強くあらねばならんよな」

ぼく「グッドゴリラだもんね。それはそれは強いだろうね」

おれ「好きな食べ物は王道のバナナ」

ぼく「どこ産のバナナだろうが分け隔てなく愛する」

おれ「泣かせたメスゴリラは数知れず」

ぼく「なぜならばただ一匹のメスを愛し、他のメスには目もくれぬから」

おれ「そして賢い。森の賢者と呼ばれてる」

ぼく「最近じゃ街でも賢者と呼ばれ始めた」

おれ「そんなゴリラになりたいけれど……」

ぼく「ぼくたちはゴリラじゃない……」

おれ「グッドゴリラには決してなれない」

ぼく「でも、無理することないよ!」

おれ「?」

ぼく「だったらなればいいじゃない、グッド人間に!」

おれ「……グッド人間!」

 

 

 

 ……天啓、だった。グッドゴリラには決してなれない。だが、グッド人間にはなれるかもしれない。微かな可能性でも、0と1の間には大きな隔たりがある。グッド人間になりたい、そう思いながら走り続ける。だからこそ成長し続ける。人間にはそれができるはずだ。

 胸のつかえが取れたように軽く息を吐く「おれ」の前で、「ぼく」の姿がフッと掻き消えた。ああ、そういえば一人称が「僕」から「俺」に変わったのはいつからだったろう。周りを意識して、カッコつけ始めて……。

 語らってくれたのは俺の影。純粋だった頃の「僕」の残滓。俺の中にまだ、居たんだな。ありがとうと呟いて、俺はとにかく飯を食うことにした。

 

 

 

 

 [広告]

人間辞めても

人間辞めても

  • アーティスト: 倉橋ヨエコ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2011/02/09
  • メディア: CD
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る