読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思惟ノート

天然パーマとオッサンを応援する、天然パーマによるブログ

包装紙にくるまれたアメちゃんのメカニズムに迫る

包装紙にくるまれたタイプのアメちゃんってあるじゃないですか。
こういうの

f:id:kalkwater:20140725211538j:plain

 
 
あれって両側を引っ張ると包装紙がほどけてアメちゃん出てくるじゃないですか。
コロンと。
なんで引っ張るとほどけるんですかね。
疑問に思ったのでまるめたティッシュをアメちゃんに見立てて,実験してみたんです。
 

f:id:kalkwater:20140725211552j:plain

 
これを、

f:id:kalkwater:20140725211626j:plain

 
こう。

f:id:kalkwater:20140725211633j:plain


左右反対方向にねじってみました。このパターンだと引っ張っても開きません。ギュッてなるだけです。
 
だもんで次は、こう。

f:id:kalkwater:20140725211709j:plain

同じ方向にねじってみました。
 
すると……引っ張るとほどけました!ヤッタ―!

f:id:kalkwater:20140725211719j:plain

すごいぞ!俺はまたひとつ賢くなった!キャホキャッホイ!
さあ次はどうしてこのねじり方だと開くようになるのか、その原理を考えてみよう!
 
俺は一緒に飯を食ってたA君に相談しようとして、今の発見を伝えました。「すごくね!?これなんでだろうねえ!」
 
A君はこう言いました。
「もう、そんなくだらないコトやってちゃダメだよ」
 
 
 
Aくんはいいヤツです。でもなんかフィーリングが異なる部分が大量にあってなんだかわかりあえないなあ、という感じなのです。いや、たしかに幼稚でくだらないかも知れないけどさぁ。「子供心を忘れてない俺イイね!」っていうナルシシズムが含まれてるのも否定出来ないけどさぁ。こんな世の中だもの、くだらないことも楽しまないと息が詰まるじゃんよ。
 
俺がほんとうにわかりあえると思うのは、このアメちゃんに関する発見に一緒にウキャホキャホしてくれる人。
ワンダと巨像とかICOをやって感動におののく人。
「赤ずきんと健康」を見て「作者は天才じゃ、天才なんじゃ!」と叫び、一緒に踊ってくれる人。
 
俺は、そんな人と友人になって、一緒にアッパラプーな遊びをしたいのです。
 
己の物欲を吐き出したくてブログを始めたんですが、俺が本当に欲しいのは物なんかではなく、そんな気の合う「友達」なんでしょうなあ。
 
なんか最近オフ会がどうのという話を耳にしますが、僕もオフ会行ってみたい。できればボカロPさんとかDTMerと友達になって教えを請いたい。あとホワイト企業の幹部と仲良くなってコネ入社したい!あとあと「僕はお金持ちだから君にお金あげるよ!」とか言って10億円くれる人と仲良くなりたい!
ああ、気の合う友達が欲しい……。
神様……贅沢は言いません、せめて僕にお金くれる系 大富豪とだけでも知り合わせてください……。 
 
 
 
 
 

f:id:kalkwater:20140724213500j:plain

「そんな顔をしないで、あなたには私達がいるじゃない……!」
 
アッ!闇のお姉さん!
 
 

f:id:kalkwater:20140426184632j:plain

「俺もいるぜ」
 
おいどん……!
 
 
 

f:id:kalkwater:20140725131059j:plain

「ブオオオォォォォーーーー」
 
思い出のホラ貝……!
 
 

f:id:kalkwater:20140510004744j:plain

「ぼくもいるズン!」
 
可愛らしいキャラを描こうとするも中途半端になり、ヘンな語尾を付けてみたけど焼け石に水だったヤツ……!
 
 

f:id:kalkwater:20140211191753j:plain

「カレー大好きなオイラもいるぜ!」
 
おう。
 
 

f:id:kalkwater:20140724213500j:plain

「みんなアナタの仲間じゃない!」
 
そっか……そうだよね、ありがとうみんな!俺、もう少し頑張ってみるよ!
ようし!明日に向かってゴッツゴー!
 
 
 
 
 
午前二時、都内某所のフミキリで望遠鏡をかついだ男性の遺体が発見された。警察の調べにより、付近に住む天然パーマの男性と判明した。とても幸せそうな表情で倒れていたと云う。
 
近隣の住民の話によると「なんだかおかしい人だったらしいですよ。見えないモノを見ようとして望遠鏡を覗き込んだらいっぱい見えた、とか言ってたらしいし」とのこと。その住民は続けて「アレだったんじゃないの?」と言い、頭の横で人差し指をクルクルと回すジェスチャーをした。
 
そのジェスチャーが男性が気狂いであることを指していたのか、それとも男性の天然パーマのことを指していたのかはわからない。ただ、ひとつわかることは、孤独とは死に至る病である、ということだ。
 
人の精神はかくも脆い。人間は考える葦である前に、社会性を持つ動物なのだ。孤独に耐えられるようにはできていない。
 
皆さんも孤独に押し潰されそうな人を見かけたら手を差し伸べてあげてほしい。例えば以下のツイッターアカウントの中の人は結婚式とかに誘われなくて寂しいらしいからどうか馴れ合ってあげてください。
 

 

ていうか今気づいたぞ!構って欲しいとか言ってるからダメなのだ!俺が構ってやる!うおお!

お前ら全員構ってやるからかかってこいや!(構ってやる料金として別途2千万円の支払いが生じますのでご了承ください)

 

まあぶっちゃけると彼女とも仲良くやってるし俺自身はわりと元気よ。でもやっぱ彼女と友達は別物ですからなぁ。カラオケで「握れっっ!!」とかを一緒に熱唱して盛り上がれる友達とかが欲しい訳よ。

取り敢えずヒトカラ行くっきゃねえな!

ヒトカラ行ったことない人は楽しいから行ってみなよ!「店員に馬鹿にされるかも……」とか思ってないかな?店員もお前にそんな興味ねえから!この自意識過剰が!

アバヨ!